ウフララ渓谷が新たに熱気球の経路に

ウフララ渓谷が新たに熱気球の経路に

 

 

トルコの比類ないカッパドキア地方を舞い上がる熱気球ツアーでは、世界最大の渓谷の一つであるウフララ渓谷へ気球会社が演技飛行を始めた後、ツアーで通過する新たな経路となっている。

 

中央アナトリアのアクサライ県のギュゼイウルト地区に位置し、昨年は49万1千3百80人が訪れたウフララ渓谷は、気球ツアーによりさらに多くの可能客を集客すると予想されている。

 

県の文化観光局のムスタファ・ドーアン局長はカッパドキアは、要請の煙突、渓谷群、熱気球フライトにより世界中の観光客の興味を掻き立てていると話した。

 

「今年、カッパドキアでは2つ目の熱気球飛行経路がウフララ渓谷に開設されました。認可とテストフライトの後で、商業飛行が始められます。」とドーアンさんは話した。

 

ドーアンさんは、ギュゼイウルト地区周辺の地域のフライトでは、ウフララ渓谷とハサンダーウ山という目玉を見ることができると話した。

 

「ウフララ渓谷場を通過するフライトのために3年間従事してきました。民間航空総局との交渉と同地域の調査、そして認可が下り、フライトが始まりました。」

 

ドーアンさんは気球ツアーによりウフララ渓谷はさらに興味深いものとなると予想されると話した。

 

「年間で百万人がアクサライ県を訪れますが、ウフララ渓谷はトルコで最も多く人が訪問する10の場所の一つです。」

 

「2015年には49万1千3百80人が訪れました。気球ツアーと他の活動によりこの地域の観光業をさらに復興させたいのです。」

 

ギュゼイウルト地区長のヤクプ・ギュウェンさんは、気球ツアーによりこの地域の観光業が活性化されると話した。

 

「ウフララ渓谷場を通過する最初のフライトを行いました。ウフララ渓谷を訪れるのは素晴らしいのですが、上から見るとさらに美しいのです。」

 

「熱気球ツアーがハサンダーウ山の眺めでここの観光業を復興させると信じています。」

 

 

デミルジオール市長はカッパドキアは気球ツアーで世界に知られていると話した。

 

「この地域への旅行としては気球ツアーはとても人気があります。ギュゼイウルト地区は気球ツアーで知られることになるでしょう。この地を訪れるすべての観光客がそれを活用することを望みます。」

 

 

空からウフララ渓谷を眺めること

 

「湖だけではなく、ウフララ渓谷、ハサンダーウ山、ベリシュルマ、セリメ大聖堂、妖精の煙突もこの地域を豊かなものにしています。」とカッパドキア・ウフララ・バルーンの総監督で気球パイロットのエルディンチュ・タシュクンさんは語り、ウフララ渓谷上の飛行とカッパドキアの他の地域の上を飛行することに相違はないと付け加えた。

 

タシュクンさんはカッパドキア観光にとってウフララ渓谷は重要だと話した。

 

「観光客はウフララ渓谷とカッパドキアを見ずしてカッパドキアを去るべきではありません、なぜならここはカッパドキアの始まりなのですから。」

 

「観光客に空からこの地域を見せることができます。最初は地元トルコ人観光客とこの地域を訪れるお客様にフライトを提供したいです。」

 

「私たちの目標はここでの観光活動の向上です。ギュゼイウルトとアクサライは気球ツアーで知られるようにならなくてはなりません。」

 

「フライトは最近始まりましたが、誰もがみな幸せにしてくれます。天候は気球飛行には適しています。様々な活動もまた、この地域で実現されることができるのです。」とタシュクンさんは話した。