富裕層の間で新たな摂食障害が発生

富裕層の間で新たな摂食障害が発生

 

 

ある研究によれば、オルトレキシア摂食障害という摂食障害の1種が高い収入を得て有機食品を買う余裕のある患者に発症する可能性があるという。

 

彼らは添加物を含まない健康食品のみを食べているが、このようなオルトレキシア摂食障害を発症している患者は未加工食品や添加物やホルモン、発ガン性物質を含む食品を避けることに注意を払っているため生の食品を好む傾向にある。

 

高温で調理すると食品に含まれる有益な要素が減るという人が言うが、そのような人たちはアルミ製のフライパンを使用しなかったり、電子レンジの使用を避けたりしている。

 

 

研究では、そのような人々は次の食事に何を食べるべきかとしきりに考えていると、社会環境から隔離される可能性があることを示している。

 

このような患者は会議に参加する時に自分の食べ物を持参している。

 

もし彼らがそうできず、健康でないものを食べると、うつ病など別の症状が発症する可能性があるのだ。

 

 

栄養士のエムレ・ウズンさんが語ったところでは、このような段階に至る時には治療を始めるべきだという。

 

添加物をほとんど含まない食べ物を食べるとか、有機食品だけを食べるなど、私たちの多くがよく食べるためのある方針を持っています。

 

 

これらの方針は強迫観念にかられない限り危険なことはありません。しかし、もし強迫観念にかられるようになると、人は健康食品の摂取を避けるようになり、警告が発せられ始めるのです。

 

 

ウズンさんは、栄養士はこういった患者を診断して治療できる段階にうまく導いてあげるべきだと話した。

 

彼はまた、一般に心理的効果によってオルトレキシア摂食障害が発生するため、心理学者や精神科医もまた患者を診察するべきだきだと説明した。

 

適切な治療には専門家チームが必要で、ウズンさんは、もし患者が低カルシウム血症か同じようにミネラルやビタミン欠乏症の場合、追加の治療が充分に考慮されるべきだと説明した。

 

栄養士は患者たちが元の状態に戻れるよう手助けする責任があり、患者たちが社会に溶け込み家族や友人たちと多くの時間を使えば使うほど、より回復に有益なのだ。

 

一見オルトレキシア摂食障害は良性に見えても、危険な状態になり得るのだ。

 

オルトレキシア摂食障害により、患者は健康でない方法で食べ物を食べることにあるのだ。

 

さらに、もし治療を施さないと食欲不振に陥る可能性もあるのだ。

 

そうなった患者は体重が減ることはないが、食欲不振が続くと、体重が減り、生理不全になり得るのだ。

 

ウズンさんによると、オルトレキシア摂食障害を患った患者は治療が必要だという事実を容易に受け入れることはないという。

 

「これに関しては家族の援助が重要なのです。」とウズンさんは結論づけた。

 

 

参照元メディア:www.dailysabah.com 

参照元記事URL:http://www.dailysabah.com/health/2015/10/17/a-new-eating-disorder-emerges-among-the-rich