9月にはトルコ経済の信頼感指数が記録的な下落で揺らぐ

9月にはトルコ経済の信頼感指数が記録的な下落で揺らぐ

 

 

トルコの長期展望について政治不安によるダメージと国内の対テロ作戦による暴力行為という厳しい事実により、トルコ経済の信頼感指数は9月に記録的な下落となったことを9月29日に公表されたデータは示している。

 

 

経済についての幅広く感情を推し量るこの指標は8月の85.1ポイントから9月には70.89ポイントに急落し、2012年1月に統計期間がデータをまとめて始めてから最大の落込みと最低の水準を記録している。

 

 

この指標は100を超える場合は経済全体に対する前向きな展望を示しているが、100を下回ると悲観的な展望を示すのだ。

 

 

数年間の高い経済成長の後にトルコの8000億ドルの経済は、11月1日の早期選挙に先立つ政治不安のため意気消沈している。

 

 

7月の平和プロセスが破城してからほとんど毎日発生する血なまぐさい衝突と合わせて、トルコ通貨リラの記録的下落を引き起こしている。

 

 

「指標の低下はリラ安と政治不安が原因です。」とオヤク投資会社のエコノミストメフメット・ベシモール氏は話した。

 

「世界中でリスクが高まっていますが、加えて国内政治と経済改革の行き詰まりがあるのです。」

 

 

トルコリラは今年最も悪化した新興国市場通貨のひとつであり、先週の最新データでは1ドル3.0750リラまで落ちており、24%以上価値を失っている。