コーヒー:健康に良いのか、悪いのか?

コーヒーは健康にいいのか悪いのか?

 

 

1日に3杯から5杯コーヒーを飲むと心臓まひの危険が少なくなると「心臓ジャーナル」というサイトに公開された最近の研究が提案している。

 

 

 研究によると、適度にコーヒーを飲むことにより動脈の梗塞が妨げられ、これにより心臓発作や心臓麻痺が避けられるのだという。
ソウルのカンブク・サムソン病院の世界的な研究が行われており、被験者は平均年齢41歳で心臓疾患の兆候のない25,138人の男女が対象となっている。

 

この研究の関係者によれば、「我々の研究によりコーヒーを飲むと心臓血管病との逆相関関係があることが証明される」ということだ。

 

 

 しかしちょっと待ってほしい、コーヒーを飲むと心拍数が過剰になり、それにより血圧が上がり、心臓麻痺にならないのだろうか?
だからコーヒーは体にいいのか、それとも悪いのだろうか?

 

 

答えはコーヒーは「心房頻脈」と呼ばれるある種の過剰心拍上昇をもたらすが、それにより、特に慣れていない人には心臓麻痺がおこる可能性がある。

 

しかし、研究によると、概して1日に2、3杯コーヒーを飲むことで心臓疾患の可能性が減少するのだという。

 

 

だから、あなたが不運な人でなければ目覚めのためのコーヒーを続ければよいのだ。

 

 

参照元メディア:www.dailysabah.com 
参照元記事URL:http://www.dailysabah.com/food/2015/03/03/coffee-good-or-bad-for-the-heart