ベシュクタシュトルコリーグの首位席を占める

ベシュクタシュが首位

2月8日ベシュクタシュはスーパートト国内リーグにおいて、すでにシーズンの混戦模様に突入した4週目で、ライバルのフェネルバフチェが黒海の巨人トラブゾンスポルに敗れたため、たった1日で首位の座を交代した。

 

  チャイクルスポルトのアウェイゲームの前半は、ドローの結果に終わった。
両チームともお互いの弱点を突くべく奮闘したが、チャイクルリゼスポルは2つのレッドカードを受ける一方、ベシュクタシュは、残り45分間を辛くも逃げ切った。

  後半はじめからベシュクタシュは攻撃を強め、後半14分にアルゼンチンの司令塔ホセ・エルネスト・ソーサがデン・ババに素晴らしいパスを決め、狭い角度からゴールを決めた。

 

  リゼのクワンチュ・カラカシュは、ゴール後の暴言のため、レフリーギュネイ・チャクル氏により即退場となった。
10人になったリゼは、3分後にゴールキーパートルガ・ゼンギンの些細なミスをフォーローするヘッドパスを決めたセルジャンにより、人数の不足を感じさせないほどのプレーを見せた。65分にコライがレッドカードを受け、リゼスポルから2人が欠けると、再度ベシュクタシュ優勢となった。

 

  何もなかった前半が終わり、私は選手を引っ張るべく話しかけました。
「私たちは価値のある勝利を拾い、今夜3ポイントゲットした。」とスラヴェン・ビリクベシュクタシュ監督は、チャイクルリゼの健闘を称えつつ、試合後に語った。

「リーグタイトルに着目してから、このようなタフな試合には慣れてきました。ゴールを奪われても混乱せず、すぐに元の意識に戻りました。」
「ゴールを決め、チームに貢献できてうれしいし、ピッチに降り立ったら、いつもベストを尽くしています。」とソーサは話した。

 

イスタンブールで来週ベシュクタシュと対戦するブルサスポルは、アンカラのゲンチュレルビルルーイを3-1で下し、下位から勝ち上がりトップを追いかけている。

 

  メルシンの6-2というスコアでのイスタンブールのカシュンパシャに対する勝利は、ここ1週間でゴールが少なかったゲームの中でトルコのファンにとって安心できる試合だった。

 

バルケシルスポルは、ホームの試合で週の最後にトルクコンヤスポルから決定的な1ゴールを奪われた。

  ガジアンテップは、来週の傷ついたフェネルバフチェとの試合前に、下位降格圏内にいるサイ・カイセリスポルをアウェイの試合で1-0で破った。

 メディジャナ・シワススポルは、2-0でアクヒサール・ベレディエに勝ち、ライバルより上位に立った。

 

2月6日の試合では、イスタンブール・バシャクシェヒルとカルデミル・カラビュクは合計4ゴールを決めたが、ドローに終わった。