旅人が見たトルコ:フランチェス・エリオット「コンスタンティノープルの浅はかな女」

// 0 Comments
イスタンブール スルタナーメット

コンスタンティノープルの本当の美しさは水にある。水はどこでも澄んでおり、青く、輝いている。南には穏やかなマルマラ海へ、北には長く、低く伸びて蒸気船とともにボスフォラス海峡へ、手元では金角湾の水が人口密度がもっとも濃い地区に流れ込み、人が住む土地を少なくしている。

トルココーヒーの歴史展開催

// 0 Comments
トルココーヒー展

”喜びの一滴:トルココーヒーの500年”という展示会はトプカプ宮殿博物館のコレクションだけでなく、多くの民間の博物館や図書館のコレクションも展示されている。展示会ではオスマン文化によりトルココーヒーは作られたというユニークな式典も開催されている。

15世紀のオスマンの皇太子の落書き

// 15世紀のオスマンの皇太子の落書き はコメントを受け付けていません。
quran

最近出版された本を読むと、彼が書いたスケッチを通して、ファティー:スルタン・メフメットの大志を持った学生のような意志を垣間見ることができる。 いたずら書きは、人類により何世紀も前から、おそらく1000年以上も前から描かれてきている。
そして、そのシンプルな何気ないいたずら書き、スケッチは、”芸術”という言葉の代わりとなるような言葉がトルコ語にはないので表現できないが、これらは単なる記述でしかないのだ。

スルタンアフメットモスクのミナレットが傾斜・関係者が発見

// スルタンアフメットモスクのミナレットが傾斜・関係者が発見 はコメントを受け付けていません。
sultanahmetmsuque01

毎日多くの観光客が訪れることで有名なスルタンアフメットモスクのミナレット(尖塔)の一つが、片側に傾き始めている。ミナレットの修復作業が関係者により開始された。

ディヤルバクルの豊富な文化遺産、新しいセンターにより保全

// ディヤルバクルの豊富な文化遺産、新しいセンターにより保全 はコメントを受け付けていません。
ディヤルバクルの市壁

文化遺産の修復と保全のための学術センターがディヤルバクル県の南東部にあるディジュレ大学によって設立された。センターの目的は、特にディヤルバクルと周辺地域の文化的な建造物への、学術的、科学的なサポート行うことだ。